投資信託はリスク分散ができることでよくオススメされています。良い投資信託を見つけるポイントを学んでみましょう。

  • ホーム
  • 投資するなら何にした方がよいか?

投資するなら何にした方がよいか?

投資とは言っても現在はさまざまな方法があるので、まずはどの投資方法をとるのかを選ばなくてはなりません。
代表的なものは株式投資などとなりますが、資産がたくさんある人はマンション経営なども選択肢に入るでしょう。
マンション経営を始めるには最低でも500万円は必要と言われていますが、金利が下がっている現在ではフルローンを組むことも不可能ではなくなっています。

投資という名前がつく以上は、安全な方法というものは存在しません。
リスクが低いと言われているマンション経営でも、失敗をしてしまう人はたくさんいます。
原本については最低限回収をしたいところでしょうが、かけた時間によっては原本を回収できただけでは不十分となります。
たくさんの時間をかけているほど、大きな利益を出していなければ割に合わないはずです。
逆に、時間や手間をほとんどかけていないならば、少しでも資産を増やすことができていたら成功と感じるかもしれません。

株式投資ではテクニカル分析やファンダメンタル分析については学んでおいたほうが良いです。
たくさんの時間をかけて勉強をすれば必ず結果が出るというわけでもないので、あまり専門的なことを学ぶ必要はないでしょう。
しかし、基礎的なことについてはインターネットなどを利用して勉強をしておきましょう。
セミナーに参加をすることは、知識を身につけるということだけでなく、人と意見交換をしたり、人脈を広げたりという効果もあります。

経済や政治の知識を持っている人は株式投資において有利であると言われていますが、経済の専門的な知識を持っている人が必ず勝っているというわけではありません。
ビギナーズラックという言葉がありますが、初心者でも大勝することはあります。

投資の中には怪しいものも存在しています。
インターネットの普及によって「楽してお金を増やしたい」という人の心理につけこんでうまい話をもちかけて、お金を騙し取る詐欺の手口も増えているので注意が必要です。

投資をするなら目的を決める

投資をするなら、まずは目的を決めることから始めましょう。
アパートの大家さんになってみたいという人なら、利益を出せるだけでなく大家さんになりたいという夢もかなうアパート経営が良いでしょう。
不動産という資産が手に入るということも魅力です。
金融機関からお金を借りる場合には、不動産に抵当権を設定するので、ローンを返済できなくなったら不動産を没収されてしまうということには注意をしておくべきです。

金融機関からお金を借りる場合には、利益を出せないというリスク以外にも、ローン破綻をしてしまうというリスクも存在します。
資産をすべて失ってしまうだけでなく、多額の借金を抱えてしまうという最悪のケースは避けるようにリスク対策をしておくべきです。

ソーシャルレンディングのように、企業にお金を貸してその利回りで利益を出すという投資方法も新しく登場しています。
個人が企業に直接お金を貸して利回りを得ることは貸金業法に違反しますが、ソーシャルレンディング業者を利用すれば違法とはなりません。

投資の中には、「100%成功します」「あなたの資産が10倍になることが確実です」といった謳い文句で宣伝をしているものもありますが、それらは高い確率で詐欺なので注意をしておきましょう。
投資には必ずリスクがあり、100%成功するということはありえません。

投資ではリスクをかけるほど大きなリターンを得られる傾向があります。
ハイリスク・ハイリターンの投資を選ぶのか、ローリスク・ローリターンの投資を選ぶのか、目的に応じて選びましょう。
しかし、資産のすべてを1つの投資に投入する必要はないので、資産を分割して複数の投資をやってみるということもおすすめができます。
とある投資で失敗をしても、別の投資で成功してトータルの資産を増やすことができたら成功と言えます。